skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

自己資金

自己資金とは、住宅購入の際に、住宅ローン以外に用意する現金のことです。住宅ローンは、いわば他人資金。自己資金は、通常、頭金に充当されます。一般的には、自己資金は物件購入価格の2割以上必要だといわれています。その理由として、従来の住宅ローンでは融資限度額が物件価格の8割に設定されているものが多かったためです。最近では、「フラット35」が9割に増え、頭金ゼロからのローンも登場しています。ただし、頭金以外にも諸費用が必要なので、諸費用分の自己資金は最低限必要となります。以上ホームズ不動産用語集参照

リノベーションポイント

自己資金とは、頭金に充てるものです。その結果、住宅ローンとして金融機関に借りる額が下がり、住宅ローンの金利分も圧縮できると考えられます。ただし、2018年現在は、かなり金利が低いため、高いときと比べると、そこまでの効果は見込めないと考えられます。

頭金をこれから貯金しようとするよりは、頭金なしで住宅ローンを組んでしまう方がリスクが少ないと言えます。なぜなら、住宅ローンを組むには健康であることが条件になるからです。また、頭金を貯めている間も、自分たちの住まいに使えるはずだったお金が、家賃として出て行ってしまうためです。

また、諸費用ですが、住宅を購入するための諸々の費用が物件価格のおよそ10%程度と言われています。3000万円の物件を購入するのであれば、物件価格とは別に、300万円程度が諸費用として必要になると想定しておきましょう。


Back To Top