skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

修繕積立金

マンション購入者が、ローン返済額や管理費以外に負担しなければならない金額のこと。将来の大規模修繕に必要な資金をまかなうために、入居時にまとまった額の修繕金を収める「修繕積立一時金」と、毎月徴収・積み立てられる「修繕積立金」などがある。以上webio辞書参照

リノベーションポイント

新築マンションは高くて厳しい。なら中古マンションを、と考えている方も多いかと思います。いざ物件を探し始めると、立地や価格、外観や内装に目がいってしまうことも多々あります。しかし、見落してはならないポイントのひとつが修繕積立金です。

修繕積立金は、マンションが老朽化しないための大規模修繕工事をするために毎月積み立てていくお金です。なので、この金額があまりに安い場合は、工事の直前に徴収があったり、年々値上がりする可能性があります。また、一般的なマンションの金額は2万円〜3万円と言われていますが、極端に戸数の少ないマンションだと、この枠に収まらない可能性があります。

ローンの支払いが終わったあとも、修繕積立金や管理費は支払い続けるものです。十分注意して見ておきましょう。


Back To Top