skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

鉄骨造

鉄骨造とは、鉄骨を構造材料としてつくる工法・構造のこと。
鉄骨は燃えにくく強度が高く、大きな力が加わったときに折れずに変形するだけですむ。重量鉄骨造と軽量鉄骨造の2種類がある。以上スーモ住宅大辞典参照

リノベーションポイント

中古マンションを探しているとSR造やS造、SRC造などの表記がされているかと思います。鉄骨造はS造と言われています(鉄骨=steel)

鉄筋コンクリート造よりも軽いため、高層マンションなどにも用いられます。ただし、昭和55年以前の鉄骨造のマンションには注意が必要です。それ以前のマンションの場合、耐火被覆として、アスベストが使われている可能性があります。アスベストは飛散しやすく細かく硬いため、吸い込むと潜伏期間はありますが、肺がんや中皮腫,アスベスト肺になる可能性があります。

知らずに購入して除去費用に数百万円必要になる、ということにならないよう注意しましょう。


Back To Top