skip to Main Content

融資特約

金融機関やローン会社からの融資を前提として不動産を購入する場合に、予定していたローンが不成立になると、不動産の購入ができなくなる可能性があります。 そこで、予定していた融資が不成立になった場合は、売買契約を白紙に戻すことができるといった特約を売買契約書の条項に盛り込むことがあります。以上不動産用語コープランド参照

リノベーションポイント

リノベーション前提で物件を購入する際は、契約書に借入するローン金額は「物件金額+リノベーション金額」の合計金額ですという文言を記載します。
これがなければ、もしリノベーション金額部分の融資の承認が通らなかった際に、融資特約のメリットを使えなくなってしまう可能性があります。
リノベーションに詳しい不動産仲介会社に相談すれば安心です。


Back To Top