skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

バリアフリー

対象者である障害者を含む高齢者等の社会的弱者が、社会生活に参加する上で生活の支障となる物理的な障害や、精神的な障壁を取り除くための施策、若しくは具体的に障害を取り除いた事物および状態を指す用語である。
「設備やシステムが広く障がい者や高齢者などに対応可能であること」を指して、英語では「アクセシビリティ」(accessibility)と呼ぶ。それに対して、「バリアフリー(barrier free)」は、建物の段差を取り除くことなどのみを示す。以上ウィキペディア参照

リノベーションポイント

中古マンションだけでなく、新築マンションを購入する場合にしても、普通は長い期間住むことになります。だからこそ、長期的視点で、間取りのことも考えた方がメリットは多そうです。バリアフリーもその1つです。もし自分たちが車椅子を使うことになったら?あるいは足が弱ってきたら?そんな視点で考えてみることも、自分たちの住まい探しのヒントになります。

また、リノベーションをする場合、個室をなるべく作らず、段差を作らないことで、バリアフリーという意味でももちろん便利にはなりますが、その他にも、お掃除ロボットが普段の掃除をしてくれるので、忙しい家庭にとっては、引っ越し直後からとても大きなメリットになります。これは、間仕切りの多い間取りではあまり期待できませんが、開放的な間取りであるほど、利便性は上がっていきます。例えば、こちらの間取りなら、空間のほとんどをお掃除ロボットが掃除をしてくれるでしょう。


Back To Top