skip to Main Content

バリアフリー

高齢者または身体障害者など、身体の不自由な人が生活する上で支障となるような障壁を取り除くこと、またその施策。特に住宅や公共・商業施設などの建築物においては、物理的な障壁となるものを解消する意味として用いられる。代表的な手法は、室内の段差を極力解消する、廊下や階段、トイレなどに手すりを設置する、玄関や出入り口を車椅子でも通れるような広い幅にするなど。

リノベーションポイント

中古マンションだけでなく、新築マンションを購入する場合にしても、普通は長い期間住むことになります。だからこそ、長期的視点で、間取りのことも考えた方がメリットは多そうです。バリアフリーもその1つです。もし自分たちが車椅子を使うことになったら?あるいは足が弱ってきたら?そんな視点で考えてみることも、自分たちの住まい探しのヒントになります。

また、リノベーションをする場合、個室をなるべく作らず、段差を作らないことで、バリアフリーという意味でももちろん便利にはなりますが、その他にも、お掃除ロボットが普段の掃除をしてくれるので、忙しい家庭にとっては、引っ越し直後からとても大きなメリットになります。これは、間仕切りの多い間取りではあまり期待できませんが、開放的な間取りであるほど、利便性は上がっていきます。例えば、こちらの間取りなら、空間のほとんどをお掃除ロボットが掃除をしてくれるでしょう。


Back To Top