skip to Main Content

竣工検査

竣工検査とは、工事がほぼ終了したタイミングで、施主が現場監督などの工事責任者と一緒に、施工状態をチェックする検査。チェックの内容は、壁や床などに傷はないか、設備機器は正常に動くかなどで、説明を受けながら行われるケースが多い。この検査で施工不良や不具合が発見された場合、建築会社が再度工事などを行い、その仕上がりを確認したあと施主に引き渡しとなる。以上スーモ住宅用語大辞典参照

リノベーションポイント

竣工検査は、施主検査とも呼ばれます。ここであまりチェックをせずに引っ越してしまうと、住んでる間も工事が発生するなどして手間が増えてしまいます。もちろん会社側も十分チェックはしているはずですが、あくまで自分たちが住む場所です。しっかりとチェックしましょう。それでは、チェックすべきポイントを列挙します。

・水が出るかどうか(キッチンやトイレ、洗面所、お風呂など)

・火がつくか、お湯が出るか(キッチン、洗面所、お風呂など)

・電気系統のスイッチ(照明、給湯器やインターフォンなど)

・ドアやドアノブの精度

・凹み、汚れ

以上がおおまかなチェック項目です。また、この段階になると引っ越しの直前です。メジャーなどを持っていき、ベッドや収納、テーブルや家具など、実際に入れる予定のものが、大きすぎないか、小さすぎないかイメージしておきましょう。「思ったよりもテーブルが大きくて狭くなってしまった」といったことも実際にあるため、注意しましょう。


Back To Top