skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

遮音等級

空気音と固体音を遮る能力の高さを「遮音性能」、そのレベルを表す指標を「遮音等級」という。空気音の遮音等級は、壁や窓の外側と内側でどれだけ音圧レベルの差があるかを意味する「D値」(Sound Pressure Level DifferenceのD)、固体音の床衝撃音の遮音等級は「L値」(Floor Impact Sound LevelのL)(重量床衝撃音は「LH」、軽量床衝撃音は「LL」)で表す。以上goo辞書参照

リノベーションポイント

マンションには、そのマンションの管理規約で定められた遮音等級がそれぞれあります。リノベーションやリフォームを行う場合は、その規定を守っているものを床下に敷かなければいけません。もちろんこのあたりの専門的な部分は、依頼するリフォーム会社やリノベーション会社が管理規約などから確認し、提案してくれます。

ただし、フローリング材を使わない場合は、二重床にする必要はありません。タイルを床材に使用する場合は、そのまま敷くことができます。この場合、床の高さをいくらか下げることができます。梁の高さが気になる場合は、フローリングではなく、タイルや、木材の裏側に柔らかい素材が貼ってある防音フローリングなどを選びましょう。


Back To Top