skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

タイル

建設資材の一つで、壁や床の保護、あるいは装飾用に多数張りつける板状のもの。 英語のtileには、瓦の意味もある。また、比喩的に、規則的に分けられた平面状の区画や、繰り返しによって構成される図画の各要素のことなどのこともタイルと呼ぶ。以上ウィキペディア参照

リノベーションポイント

中古マンションのリノベーションでもタイルは空間のアクセントとして使われています。例えば、サニタリーの洗面台の前などです。水はねから壁を守るようにタイルをはりますが、リノベーションをする場合、カタログなどからいくらでも自分たちの好きなものが選べるため、家族の好みによってはられるタイルは大きく変わります。色のついたものだったり、とても小さなサイズだったり、正方形だったり、長方形だったり、タイルメーカーも一社ではなく多種多様なため、カタログを見ているだけでも楽しい気持ちにさせてくれます。

他にも、キッチンまわりにタイルをはることもあります。リノベーション雑誌などの影響か、白色のメトロタイルをはるケースが多く、クロスやキッチンパネルの壁とは違い、かわいらしい雰囲気になります。自分たち家族の中で優先順位の高い場所に、タイルをはってより特別な雰囲気にしてみてはいかがでしょうか。


Back To Top