skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

千葉県 柏 S邸 リノベーション事例


6
  • エリア:柏(千葉)
  • 交通:JR常磐線 柏駅 徒歩5分
  • 専有面積: 58.80 m2
  • 構造:鉄骨鉄筋コンクリート造9階建
  • 築年月: 1985年5月
横長坂本邸04
横長坂本邸03
横長坂本邸02
横長坂本邸01
7
5
  • 玄関に入るとベランダまで抜ける広々としたリビング・ダイニング
  • 日差しが気持ちいいインナーバルコニー
  • 使いやすさにこだわった合計約5mの二の字型キッチン
  • 遊び心のあるオーク材パーケットフローリング

リノベーション後

リノベーション前

間取り図面

zumein-kasiwa-s

お客様インタビュー

なぜ中古を買ってリノベーションしようと思ったのですか?



<奥様>
家はいつか欲しかったし、賃貸が嫌だったんです。毎月毎月、高い家賃を払っても自分の物にならないし。どれも全部一緒で、絶対こんな画一的なところには住みたくないって思っていました。とはいえ、一戸建てなんて夢のまた夢だと思っていたので、どうしようかなぁって、ずっと悩んでいたときに、ゼロリノベのオープンハウスのハガキがポストに入ってて、なんかすごい響いちゃって。

リノベーションって、ちょっとは思ってはいたんですけど、どこに聞いていいのかもわからないし、どうやって進めていいのか、全然わからなかったけど、興味だけはあって。そのタイミングが素晴らしすぎて。ハッて…ハガキ…すごい響きましたよ。「もしもとのきに…」とか、この人(ご主人)引っ越す可能性があるから、転勤の可能性もあったので、もしものときって考えられることだったし、「あっ、そういう資産としての使い方があるのか!」って思って。


家を買うにあたり躊躇されたことはありましたか?



<ご主人>
家を買ってすぐに転勤したら、それは心配ですけども。それを考えちゃってたらなんも動けないから。それにゼロリノベの買い方だったら大丈夫かなって思って。

<奥様>
中古の物件が立地…柏に見つかるかなって。どんなのもあるかも知らなかったし、その辺は漠然とできるのかな~って気はしてました。でも、新築だと年月が経つと価値が大幅に下がるって勉強もしましたし、なので価値のある家を持っておいた方がいいのかって思いました。学びました。


他社とゼロリノべとの違いとは?



<奥様>
パンフレットを見て分かりやすかったです。明朗会計で分かりやすかった。価格の「どれくらいかかるんだろう?」っていう不安はもちろんあるので、そういうのが「あっ、このぐらいなんだ」って、目安が少しわかったので踏み出せたってのもあります。

あとは「家具のコーディネートもしてくれる」とかも、なかなか他ではないのかもなって思いました。せっかく綺麗に家をつくっても、中が…他の人だって自分でできない人がいっぱいいると思うので、空間の質が変わるので、満足度が高いんじゃないですかね。

<ご主人>
そもそもリノベーション自体を自分はわかっていなかったので、いろいろ学ばせていただいて、とても分かりやすかったですし、親身になって質問に対して答えてくれたところが、共感を持てて決め手になりました。

<奥様>
顔が見える人たちだったのでみんな。心地よかったです。


物件さがしで大変だったことは?



<ご主人>
いろいろ内見しなきゃなりませんでしたけど、楽しかったです。いろいろ見れて。そんなに大変ってイメージはないですね。

<奥様>
場所を柏にするのか、新柏にするのか、迷った時ちょっとつらかったかな。新柏の方が物件価格がやすくて(1000万円未満)、電車を一駅乗って暮らす生活にするのか、便利な柏駅をとるのか、すごい葛藤して悩み疲れました(笑) でも、この家(柏)は駅近だし、価格そんな下がんないじゃないかって主人と話もしていたので…(新柏ではなく)こっちをとりました。転勤するかもしれないですし。


お客さま担当の落合はどうでした?



<奥様>
いい!とってもいいです、落合さん!もう最高です、落合さん!丁寧ですね、すごく。こんなに丁寧なんだと思って嬉しかったのというのもありますし、あとは、私たちが年齢もまだ若かったので、けっこう色々心配してくれて、もうお母さんみたいに優しかったので、嬉しかったです!物件もいろいろいっぱい出してくれて。

<ご主人>
こっちの立場になっていろいろ考えてくれて。アドバイスもいっぱいしてくれましたし、落合さん最高!

<奥様>
落合さんと一緒に温泉旅行いきたいな(笑)気遣いがね、いつもホント助かりました。書類関係なんかも落合さんには手助けしてもらったので。


設計担当との打ち合わせはいかがでしたか?



<奥様>
楽しかった!おもしろかったです(笑)

<ご主人>
そうですね!楽しい打ち合せでした!

<奥様>
なんかいろいろ私たちの生活スタイルをすごい一生懸命ききだしてくれて、それに合うような設計を考えてくださったので、嬉しかったですね。

<ご主人>
皆さんそうですよね。落合さんもそうですし。西村さんも、蒲田さんも、みんな本当に親身になって考えてくれるので助かりました。

<奥様>
私たちでは出来ないような発想を提案してくれるので、驚くんですけど、結果的に気に入ったおうちになったので、さすがプロは違いますね。


一番お気に入りの場所は?



<ご主人>
(キッチンの)段差かな!こっから見る景色がすごく高くなるから。洗い物とか好きじゃないんですけど、ここだったらテレビもみれますし、見渡せる感がある。

<奥様>
ここに立って料理を作ったときに「あっ、こんな眺めなんだ!」ってすごい思いました。特等席だなって思いながら。ちょっと高くなると視線が…なんかキッチンすごく気に入ってます。あと壁の窓!あれはもう、わたしの窓ですね(笑)私専用の丸窓ですって感じで気に入ってますね。壁の色も好きです。(最初に提案されたときに)どうしようって思ったんですけど、今ではこのおうちの一番ポイントになっているので気に入ってます。


ゼロ空間に抵抗はありませんでしたか?



<奥様>
ないです!気が合うって思っていました(笑)実際に住んで、超いいです。ひとつの空間なので、音楽をずっと聴いていてもとぎれないし、どこにいても。どっちかが離れた場所にいても、緩やかに仕切られているから、大きい声を出せば聞こえるから話せるし。仕切る必要は本当にない。


明るさや風通しはいかがですか?



<奥様>
ちょうどいい感じ。ブラインドで調整してるんで。朝起きて、あっちも開けて、ここも開けると、いい感じの優しい光が。風通しもバッチリです!窓を開けると本当に風が通るので。風が心地いいんですよ。ピューって。気持ちいいです。

<ご主人>
(風通しがいいので)7月だけどエアコンもまだ使ってないです。明るさも、朝起きてブラインド開けると心地よい光が入ってくるんですよ。そこは目が覚める瞬間ですね。


掃除のしやすさは感じましたか?



<奥様>
ホコリがあんまり目立たないですね。前の家はすごいホコリとか髪の毛とか落ちてたのが目についてイライラしてたんですけど。だから掃除がラクになりました。


ご夫婦の設計コンセプト「待ち合いの家」はいかがですか?



<ご主人>
(帰ってくると)壁がないので電気をつけるとズバーッと部屋が目の前に入ってくるから、帰ってきて気持ちいいです。それと、料理をつくりながらも、食べながらも、寝ながらもテレビとかもゆったり見れますし。風呂も大きくなったし。

<奥様>
待ってる時間も快適です。私はよく音楽を聴いて自分の時間を。


これから買おうと思っている方へ



<ご主人>
まだまだ「リノベーションって何なのか」っていうのを知らない人が多いと思います。新築マンションに5,000万円かかって、リノベーションだとその半分くらいっていうのを知らないと思うので。

<奥様>
みんな思い切ればいいのにって個人的には思いますけど。お友達にも結構すすめるんですよ。でもみんな「リノベはセンス良くないと無理だよ」とか、「自分じゃつくれないよ」とか言うから、「私だってほとんど任せてて、何もしてないよ」って。みんなに思い切ってほしいと思います。その方がぜったい満足。家に対する考え方がちがうのかなぁ~? つくられたもので良いって思ってる人がほとんどなんですかね? 私は、自分が毎日住む家なんだから、こだわり持ってやったら、きっともっと良いのにって思うので、思い切ってやったらいいのになって思っています。


他の事例ページに行くバナー

Back To Top