skip to Main Content

A.作れます。

ロフトを作ることで、限られた空間を広く使うことができます。

ロフトを寝室や子供が遊ぶスペースにし、下をウォークインクローゼットにするなど、実際よりも効率的に空間を使うことができます。例えば、3m×2mのスペースのロフトを作ったとしたら、6㎡分、広く使うことができます。同じエリアのマンションで65㎡と71㎡を比較したときの価格差より、ロフトを作る方がおそらく安く済むのではないでしょうか。

また、天井高の都合でロフトを作ると窮屈になってしまう場合も、あるスペースのみ40cmほど床をあげて、床下収納を作る場合もあります。例えば、寝室スペースを全て床上げして、下を季節の家電や布団の収納スペースにするなどです。

ロフトや床あげは、工夫次第では空間効率や節約につながりますので、事例を参考に検討してみてください。

>ロフトの事例
>床上げの事例

モヤモヤの9割を解決するセミナーはこちら


Back To Top