skip to Main Content

A.設置義務はあります。金額としては3千円〜20万円まで場合により異なります。

リノベーションを行うマンションによって、設置する場合の金額は大きく変わります。マンション全体と繋がっている【自動火災報知器】がすでに購入した物件に設置されている場合、移設のため、20万円程度の費用がかかります。

そういった火災報知器がない場合、【住宅用火災報知器】の設置を行います。この場合、電池式のものであれば、1個あたり3千円程度、コンセントへの差し込みタイプであれば1万円〜2万円程度の費用となります。

詳しい設置箇所については各自治体でご確認ください。また、住宅用火災報知器の疑問点については、東京消防庁のホームページでご確認ください。

また、東京消防庁のホームページでは、「条例では、住宅用火災警報器を設置しなかった場合の罰則は特に定められていません。」とあります。ただし、身の安全、家族の安全のために設置を行いましょう。

モヤモヤの9割を解決するセミナーはこちら


Back To Top