skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

観葉植物

葉やその色合いを楽しみ、自然な雰囲気を醸し出すために育てる植物である。葉の形状、色彩、斑(はん)などの模様・造形美を深く味わい観賞する。リラクゼーションの効用がある。主に屋内において、家庭などのほか、ホテルのロビーや美容室、飲食店などの店舗、オフィスなどに置かれる。
フラワーショップ、ホームセンターなどで入手可能である。また、商業目的で使用する場合は、リースする方法もある。 ほとんどが熱帯・亜熱帯原産の植物のため、冬は室外に置かず、室内の温度も氷点下にならない程度にする必要がある。ただし植物の種類や地方によっては室外でも冬を乗り切れる場合がある。以上ウィキペディア参照

リノベーションポイント

リノベーションの雑誌以外にも住まいの雑誌に掲載されている事例の多くには、部屋のどこかにさりげなく観葉植物が置かれています。小さいものも、大きいものも様々ですが、やはり癒しの効果もあり、自然と落ち着けるのではないでしょうか。そんな観葉植物ですが、水を多くやりすぎたり、土の入れ替えなどをすると、どうしても床を汚してしまいがちです。そういった問題を解決するのが、バルコニー側を土間にしてしまうという方法。こちらのリノベーション事例にもある通り、フローリングから一段下がったところを土間にしています。これにより、観葉植物や外履きサンダル、駐輪場に置きたくない高価な自転車など、さまざまなものを置くことができ利便性の高いものになっています。気になる方は取り入れてみてはいかがでしょうか。


Back To Top