skip to Main Content

A.アスベストが実際に有る無しに関係なく、慣習として契約時書類にはアスベストの可能性を記載します。

ゼロリノベでは、内見時、およびその後の建物調査にて、吹き付けアスベストがある可能性を調査をしています。

コチラもご参考にしてください。

そして、調査の結果、問題が無いと思う物件に対して契約に進みます。

しかし、業界の慣習として実際にアスベストが有る無しにかかわらず、不動産売買契約書もしくは重要事項説明書にはアスベストが有る可能性を記載しております。

記載されていても、実際に有るということではありません。


Back To Top