skip to Main Content

リノベ実例 2019.10.31 更新2019.09.23 公開

東京都「駒沢大学」68㎡ リノベーション事例

駒沢大学のリノベーション後のリビング
LINEで送る
Pocket

  • エリア:東京都世田谷区
  • 交通:東急田園都市線「駒沢大学駅」/東急東横線「学芸大学駅」
  • 専有面積:68.72平米
  • 築年月:2000年 1月

リノベプラン:Plus
月々総支払い額:193,601円
*「物件価格・リノベ費用・管理費・修繕積立金」込み
*「住宅ローン変動金利0.7%・35年返済」の場合
*「実際のお客様の支払い条件・総支払額」とは異なる

駒沢大学のリノベーション後のキッチン
駒沢大学のリノベーション後のリビング
駒沢大学のリノベーション後のサニタリー
駒沢大学のリノベーション後のダイニングキッチン
駒沢大学のリノベーション後のベッドルーム
駒沢大学のリノベーション後のカーテン

リノベーション後

  • 新築マンションのような仕様へ
  • 収納を増やし動線に沿った収納計画を
  • ペンダントライト、カーテンを取り入れることで既存インテリアとの調和を計画
  • 細長いLDKをキッチンを中心に回遊できる動線を計画
  • キッチンは白を取り入れキッチン正面の造作収納と合わせることで部屋全体のバランスを計画

リノベーション前

間取りを自由自在に

駒沢大学の中古マンションのリノベーションのビフォーアフター

お客様インタビュー

家を買おうと思ったキッカケは?

LINEで送る
Pocket


<奥様>
きっかけは家賃を払うのがもったいないと感じたことですね。

<ご主人>
もともと近くの賃貸に住んでいたのですが、駅近重視の物件を選んで、1LDKの家賃が16万円くらいでした。二人とも共働きなので職場から離れるとなると通勤に苦労するので23区内が良いなと考えていたのですが、エリア的に広さに対して家賃が高いなと感じていました。
なので、今は子供が一人で1LDKでぎりぎりの広さだったけれど、間取りを増やそうと考えて引っ越すとさらに家賃は上がっていくのかと不安に思っていましたね。

<奥様>
そうだね。住み続けるには賃貸のままだと家賃がどんどん上がっていってしまうので厳しそうだと考えて、購入を検討し始めました。

LINEで送る
Pocket


住宅購入にあたっての不安はありましたか?

LINEで送る
Pocket


<ご主人>
やはりお金の部分ですね。住宅ローンのことをよく知らなかったので、どれくらいの収入だと組めるのかなど相場もわからなくて不安に感じていました。

LINEで送る
Pocket


その不安はどのように解消されましたか?

LINEで送る
Pocket


<奥様>
ゼロリノベ さんに紹介していただいたFPさんに収入などを見せてライフプランを作成していただきました。それを見て住宅購入も大丈夫かなと感じましたね。

<ご主人>
個人でも本などで色々勉強しましたね。

LINEで送る
Pocket


このエリアを選んだ理由は?

LINEで送る
Pocket


<奥様>
もともと住んでいたことが大きいです。

<ご主人>
そうだね。あと、駒沢公園があって子育てに良いかなと思いました。

LINEで送る
Pocket


最初からリノベーションを前提としていましたか?

LINEで送る
Pocket


<ご主人>
リノベーションという単語自体は知っていましたけど、自分がリノベーションをするという意識はありませんでしたね。

<奥様>
私は、友人がリノベーションしていたため認識はしておりました。早々に家を買って、リノベーションして住むという選択肢もありだと感じましたね。

LINEで送る
Pocket


リノベ済み物件ではなく、自由設計リノベを選んだ理由は?

LINEで送る
Pocket


<ご主人>
リノベ済み物件は賃貸などでもありましたが、個人的な感想ではあまり気に入る物件はありませんでした。間取りやデザイン、コンセントの位置なども使いにくくて、何で自分の家なのに使う場所を指定されなければならないんだと(笑)

<奥様>
あと、リノベ済み物件は数も多くなくて。この地域にあれば良いのにと思うこともありました。そこも含めて、リノベーションで好きなようにできればいいなと。

<ご主人>
あと他の会社ですが、ほぼ新築の物件を一軒見に行きました。ただ、そこはすごい小さい部屋があって3LDKで、使いにくそうだなと。

<奥様>
4LDK、5LDKとか数字だけ大きくてよく見えますが、小さい部屋が何個あっても結局あまり使えないなと感じましたね。

LINEで送る
Pocket


ゼロリノべを知ったきっかけと決め手は?

LINEで送る
Pocket


<奥様>
「リノベーション」で調べた時にゼロリノベ のHPを見つけて、コンセプトが「無理せず家を買おう」というところが良いなと感じました。購入をお願いする際に安心感がありましたね。それでセミナーで説明を聞いてみたらすごく納得感があり、ここにしようと。

LINEで送る
Pocket


設計の打合せはいかがでしたか?

LINEで送る
Pocket


<ご主人>
良かったです。この間取りのようにキッチンが真ん中にあるというのを自分たちでは想像できませんでした。広さが制限されている中で、アイランド型風に回遊性があり気に入っています。

<奥様>
何パターンか出していただいた中で、最初はカウンターキッチンでリビングを分断しているような感じの間取りがいいと思ってました。ただ工夫を凝らしてくださって、今の間取り案を見た時にいいなと思いましたね。もともと縦型で使いにくいリビングかなと思っていましたが、キッチンを通り抜けできるようにしてもらったら、すごく使いやすくなりました。

<ご主人>
家具だけ持ち込んで、その他の照明やカーテンも細かく要望を聞いていただきましたね。

<奥様>
あと、廊下に荷物を置くスペースを作っていただいたのはリノベならではのこだわりポイントですね。リビングをうまく片付けられないから、きちんと隠せる空間が欲しくて要望を出したら叶えてくださりました。

LINEで送る
Pocket


この空間のコンセプトは?

LINEで送る
Pocket


<奥様>
要は収納でしたね。収納量を確保できるようあらかじめ考えていました。あとからクローゼットとかの家具を買うと、邪魔になってしまうし。
デザイン的には、「シンプルに白っぽく明るい感じで」という要望でした。

LINEで送る
Pocket


住宅購入を検討されている方へ

LINEで送る
Pocket


<奥様>
お金を最初に決めることですね。自分で出せる額が決まっていると、自動的に選べる物件も絞られてくるので。

<ご主人>
FPさんに1回面談していただくことは正解だったと思います。ライフプラン自体も有用ですが、自分たちの収入を見返した時、お金のイメージが掴めて良かったです。

<奥様>
あとは、何回かオープンハウスに参加してもらうと良いかなと思います。住む人によって全く異なるテイストになるので、コンクリートむき出しな感じが好きな方も、逆に「これで大丈夫なの?」と感じてしまう方もいらっしゃるかと思います。ただ、この家は割とシンプルなテイストでゼロリノベ さんの事例ではあまり見ないような形になっています。リノベーションは何でもできる可能性がありますので、オープンハウスはいろんなパターンの家を複数回見に行くことをオススメします。

LINEで送る
Pocket


LINEで送る
Pocket

記事検索

同じカテゴリの他の記事

SEMINAR

小さいリスクで家を買う方法

平日/週末開催

セールスのない無料セミナー

セミナーのイメージ写真

OPEN HOUSE

ゼロリノベ物件見学会

月1回開催 @次回12月

セールスのないオープンハウス

オープンハウスのイメージ写真

F A Q

よくある質問

物件購入〜リノベ完成まで

モヤモヤをスッキリと

チェックリストのイメージ写真
Back To Top