skip to Main Content

BLOG

リノベーションにまつわるお役立ちコラムをご紹介

住宅ローン保証料の相場は物件価格の2%!保証料なしも問題の理由

お金を把握

住宅ローン保証料の相場は物件価格の2%!保証料なしも問題の理由

保証料の相場は借入条件によって異なりますが、大まかな相場は物件価格の2%です。保証料は万が一契約者が住宅ローンを支払えなくなった場合に、一時的に保証会社が代わりに返済を行うために支払うものです。保証料なしの金融機関もありますが、その場合は融資事務手数料が高くなり、結局は同じくらいの金額を支払うことになります。
住宅ローンの諸費用は物件価格の5%目安!節約方法と組み込みの知識

お金を把握

住宅ローンの諸費用は物件価格の5%目安!節約方法と組み込みの知識

住宅ローン手続きのみにかかる諸費用は、中古であれば物件価格の5〜7%、新築であれば物件価格の3〜4%が大まかな目安です。本当に意味のある節約方法は、火災保険料・司法書士の手数料・斡旋手数料を見ることです。必要以上に高くなる可能性がある項目のため、見極める方法を知っておくことが重要です。
現役FPが解説!個人事業主・自営業で住宅ローンを組む方法と対策

お金を把握

現役FPが解説!個人事業主・自営業で住宅ローンを組む方法と対策

個人事業主・自営業は会社員に比べると住宅ローン審査に通りにくい傾向がありますが、きちんと対策をすれば問題なく住宅ローンを組むことができます。注意すべき点は、個人事業主の場合、経費を除いた所得を年収として審査するため、節税対策によって住宅ローン審査に通りにくくなるケースです。会社員とは異なるチェックポイントを把握し、対策していきましょう。
現役FPが解説!住宅ローン鉄板の選び方4ステップ

お金を把握

現役FPが解説!住宅ローン鉄板の選び方4ステップ

住宅ローンの選び方のポイントは、性格に合った金利タイプ・返済方法を決めた上で、見落としがちな保障内容を確認し、できるだけ諸費用を安く抑えられる金融機関を選ぶことです。住宅ローンは長期的に返済するものなので、金利が安ければ良いわけではありません。見逃しやすいポイントを確認し、後悔がない住宅ローンを選べるように準備しましょう。
元銀行員が解説!住宅ローン審査の勤続年数の影響と3つの対策

お金を把握

元銀行員が解説!住宅ローン審査の勤続年数の影響と3つの対策

正社員の場合、一部のメガバンクやネット銀行で勤続3ヶ月以上で住宅ローン審査が可能です。ただし、勤続年数が短い場合は転職先が同業界であるかどうか、転職先の会社の財務内容が良好であるかどうかも重視される傾向があります。現状を把握し、自分の属性に有利な金融機関を見定めることも大切です。
住宅ローン審査に影響するクレジットカード利用状況と6つの対策

お金を把握

住宅ローン審査に影響するクレジットカード利用状況と6つの対策

住宅ローン審査にクレジットカードの利用状況は大きく影響します。なぜなら、住宅ローンの審査基準で最も重視される項目のひとつが「個人信用情報」だからです。61日以上の支払い延滞がある場合は、延滞解消日から5年間は住宅ローンを組むことができません。ただし61日未満の延滞、リボ払いの残高がある場合はすぐにできる対策があります。
住宅ローンの審査基準「通らない理由と落ちた場合の5つの対策」

お金を把握

住宅ローンの審査基準「通らない理由と落ちた場合の5つの対策」

住宅ローン審査に落ちる原因として多いのは、雇用形態・勤続年数・個人信用情報です。中でも個人信用情報は、クレジットカードだけでなく、スマートフォン分割払いの支払い状況も見られます。審査基準を満たせない可能性がある場合は、事前に対策を行なってから住宅ローン審査に申し込むようにしましょう。

記事検索

ONLINE

セミナー
小さいリスクで家を買う方法

オンライン参加可能 (週末/平日開催)

セールスのない無料セミナー

セミナーのイメージ写真

PICK UP

よく読まれています

SERVICE

サービス

中古戸建て・中古マンション

持ち家も、物件探しからも

サービスのイメージ写真

物件探しからはじめたい

自宅をリノベーションしたい

Back To Top