skip to Main Content

千葉県「新松戸」63㎡ リノベーション事例


新松戸の中古マンションのリノベーション後のリビングとダイニング
  • エリア:千葉県新松戸
  • 交通:常磐線「新松戸」
  • 専有面積:63.77平米
  • 築年月:1978年 2月

月々総支払い額:71,204円

*「物件価格・リノベ費用・管理費・修繕積立金」込み
*「住宅ローン変動金利0.7%・35年返済」の場合
*「実際のお客様の支払い条件・総支払額」とは異なる

新松戸の中古マンションのリノベーション後のキッチンから見たリビング
新松戸の中古マンションのリノベーション後のウォークインクローゼット
新松戸の中古マンションのリノベーション後のプロジェクター
新松戸の中古マンションのリノベーション後のベッドルーム
新松戸の中古マンションのリノベーション後のインテリア
新松戸の中古マンションのリノベーション後の開講窓

リノベーション後

  • 自転車を置いておける広い土間玄関
  • 個室同士は天井付近を抜いて自然光が奥まで届く設計に
  • プロジェクターをゆったり見るための広いリビングダイニング
  • 趣味に没頭するための籠り感のある個室

リノベーション前

間取りを自由自在に

新松戸の中古マンションのビフォーアフター

お客様インタビュー

家を買おうと思ったキッカケは?



<奥様>
賃貸で住んでいて…、月々結構高いお金を払うより、買っちゃったほうがお得だから。月々の家賃で狭い部屋だったので。

<ご主人>
千住も結構今人気なのでそんなに新しいところじゃなかったんですよね。で、すごい古いマンションで、給湯器が壊れて。

<奥様>
そうそうそう、入ってわりといろいろなものが壊れた。トイレも壊れてたし。

<ご主人>
っていうのがあって。その度に管理会社に言って直してもらったりとかね。結構めんどくさいなって昔思ったよね。

<奥様>
自分の持ち物じゃないから全部連絡してやってもらって時間もかかるし、みたいな。


住宅購入にあたっての不安はありましたか?



<奥様>
ローンが始まるのはありますね。賃貸より気楽に引っ越したりはできないですし。ずっと住むっていうイメージがあるからそこは本当に気に入った土地じゃないと買いたくないっていうのはありましたね。


その不安は解消されましたか?



<奥様>
セミナーとか、ファイナンシャルプランナーさんとかの所に行ってもやもやが無くなりました。お金のことを全然考えてなかったんでね。だいぶ助かりました。


このエリアに決めた理由は?



<奥様>
千住はすごい気に入ってたんですけど、やっぱり価格。物件自体の価格で見ると北千住から微妙に離れたところでもこの値段かあ、みたいな感じで値が上がって来てたので、少しずらして常磐線沿いで探して。あまり来たことなかったんですけど、この辺も結構暮らしやすいなっていうのはありました。

<ご主人>
職場も綾瀬なんで。

<奥様>
私は神田なんですけど、出やすいですし。東京に近めのちょっと郊外といった感覚です。


ゼロリノべを知ったきっかけと決め手は?



<ご主人>
私の仕事の関係で、ホームシアターの仕事なんですけど、ゼロリノベさんとつながりのある会社さんが、うちのお客さんだったのがきっかけです。

<奥様>
紹介してもらったんだよね。こういうとこが良いよみたいな。ちょうど家探してた時に。

<ご主人>
家買いたいんですよみたいな雑談してる時にその会社さんが、こういうリノベーションの会社あるよみたいな。

<奥様>
すぐゼロリノベで検索して。調べた時のネットの事例集みたいの見た時点でこれしかないってずっとね言ってね。旦那の方が結構こんな良いの見ちゃったら絶対リノベ済みとか戻れないねみたいになって。

せっかく紹介してもらったし、ここしか無いんじゃないみたいな感じになりましたね。縁かなっていう感じもあるし、見た目がなんかおしゃれ度がちょっと違う気がしました。


物件探し担当とのやり取りはいかがでしたか?



<奥様>
なんか面白かったよね。いろんな物件ありましたけど。

<ご主人>
なんかあったね。怪しい物件とかね。

<奥様>
そうそう。怪しいみたいな。で担当さんがわざわざ周りの住んでる方にピンポンしてここどうでした?ってインタビューして。結局そこの物件は入らなかったんですけど、結構自分たちではできないことをやってもらったんで面白かったし助かりました。


この空間のコンセプトは?



<ご主人>
ホームシアターやるっていうのはあったね。120インチが、投射距離とかもあるんですけど、入るような設計にしてあります。

<奥様>
前に住んでいたときのキッチンは、壁があって、さらに後ろにも壁があって、ちょっと小部屋みたいになってたんで、熱も籠るし、においは遮断されて良いんですけど。結構暑いし、人と喋れなくて、もちろんテレビも見れない感じだったんで。ここは広々とした開放的なのが良いなっていうのはありました。あと、タイルとかの青系の色でちょっと涼し気というかナチュラルっぽい感じと、爽やかな感じの色味にしたいっていうのは何となく言ってた感じがしますね。

土間の玄関は提案してもらったのかな設計担当さんに。なんか土間でやりましょうっていうことで、そうしたらそのまま歩いて行けるし自転車の整備とかもできるみたいな感じで言ってもらって、確かにと思って。


設計の打合せはいかがでしたか?



<ご主人>
あ、担当さんですか?良かったですよ。同郷だし。

Q ツーカーでしたか?

<ご主人>
はい、ツーカーな感じで笑

<奥様>
色々提案してくれたのが助かりました。ぜんぜんわからなかったのでどういう風にしたら良いか、事例とか見てこういう感じですかねみたいな、そしたらこうしましょうみたいな感じで提案してくれたので、すごいやりやすかったですね。


実際に住んでみて気に入っている場所はどこですか



<奥様>
リビングも多いですし、アトリエも私はよくいて、すごく落ち着きますね。

<ご主人>
ソファかな。映画も見るんですけど、自転車のレース、ツールドフランスとかちょうど先週もやってたんですけど。

<奥様>
シーズン全部通したらたくさんあるから、ヨーロッパの景色がわーと流れてボーっと見てるだけでなんか。

<ご主人>
ああいうのってヨーロッパで昼から夕方くらいにかけてやるんで、日本だと丁度帰ってきて夜寝るまでくらいの時間になるのでよく見れますね。お酒呑みながら見たりとか。


住宅購入を検討されている方へ



<ご主人>
管理状態とかに関しては結局、一緒に回ってくれた担当さんが見てくれて。あとはまぁ雰囲気でぜんぜん違うなって思いましたね。

<奥様>
そうそう、環境、周りの環境。ここが桜の木なのでそれも結構決め手になった。4月になるとお花見が家で出来るねとか言って。



Back To Top