2021.04.30 更新 2020.12.17 公開

東京在住者の70%が帰省なし!コロナイヤーの帰省有無と、帰省しない東京在住者の年末年始の過ごし方に関するアンケート調査を実施

「大人を自由にする住まい」をコンセプトに、不動産仲介から設計・施工までワンストップ・リノベーションを展開する株式会社groove agent (本社:東京都港区北青山、代表取締役:鰭沼悟、以下ゼロリノベ)は、都外に実家がある30〜40代の都内在住者1,500人を対象に、「2020年末に帰省をするかしないか」とその理由が、感染症拡大により自ら選択したか、都内での過ごし方に関するアンケート調査を実施しました。

【調査サマリ】
■2020年末、都外に実家がある都内在住者の帰省率は29.5%
都外の実家に帰省する人は29.5%、都外の実家に帰省しない人は70.5%

■帰省の中止を自ら決めた人が多い中、家族から拒まれたという人も。
感染拡大を懸念して「自ら(家族と話し合いのうえ)帰省しないことを決めた」人が84%、「家族に拒まれた」人が16%

■年末年始の過ごし方。大多数の自宅派は「ゲームやおせち」など浮いた移動費用で高級なものを買うという声が。
年末年始の過ごし方として大多数の自宅派は「ゲームやおせち」など浮いた移動費用で高級なものを買うという声が。一方、外出する予定の人は「極力人混みは避ける」「人の少ない時間帯に出かける」「キャンプ」など、他人との接触を避ける傾向に。

【調査結果】
■2020年末、都外に実家を持つ都内在住者の帰省率は29.5%
都外の実家に帰省する人は29.5%、都外の実家に帰省しない人は70.5%
年末の恒例行事でもある「帰省」の有無を、都外に実家がある都内在住者1,500人に調査したところ、70.5%の人が「帰省しない」と回答しました。
帰省しない理由として、半数以上が感染拡大を懸念したものが挙がりました。
2020年末に帰省をするかしないかのアンケート結果

 

■帰省の中止を自ら決めた人が多い中、家族から拒まれたという人も。
感染拡大を懸念して「自ら(家族と話し合いのうえ)帰省しないことを決めた」人が84%、「家族に拒まれた」人が16%
84%の人が自ら(家族と話し合いのうえ)帰省しないことを決めた一方、「感染拡大を懸念した家族から帰省を拒まれた」という人が16%いることがわかりました。帰省しない人の年末年始の過ごし方の調査では「帰省をやんわり断られ、罪悪感からか地元の名産品を送ってくることに。年末年始はゴロゴロしながら名産品を楽しむ」という声も。
2020年末になぜ帰省をしないかのアンケート結果

 

■年末年始の過ごし方。大多数の自宅派は「ゲームやおせち」など浮いた移動費用で高級なものを買うという声が。
帰省しない人の年末年始の過ごし方として大多数の自宅派は「ゲームやおせち」など浮いた移動費用で高級なものを買うという声が。一方、外出する予定の人は「極力人混みは避ける」「人の少ない時間帯に出かける」「キャンプ」など、他人との接触を避ける傾向に。
帰省をしないと答えた人に「年末年始の過ごし方」を聞いたところ、以下の過ごし方が挙がりました。

都内在住者の年末年始の過ごし方例

ゲーム:
「子供へのクリスマスプレゼントのNintendo Swithで一緒に遊ぶ」などテレビゲームのほか、「ボードゲーム」という意見も。家族みんなで楽しめるボードゲームは年末年始のお休みにぴったりの過ごし方かもしれません。

おせち料理:
お正月ならではの「おせち料理」は「作る」や「作ったおせちを家族と一緒に細々と食べる」のほかに、「デパートの高いおせちを買って食べる」という、帰省や旅行の中止により浮いたお金で普段よりも贅沢な食を楽しむ声も挙がりました。

映画・動画観賞:
レンタルDVDでの映画鑑賞のほか、AmazonプライムビデオやNetflixなどサブスクリプションサービスやYouTubeなどの無料で視聴できる動画サービスを利用する人が増えたのも、近年の動画ブームの特徴かもしれません。

テレビ観賞:
特番から箱根駅伝などお正月ならではのテレビ番組のほか、普段から録りためているドラマやアニメを観るという声も。

勉強・読書:
「資格取得のための勉強」や「読書」。おうち時間が増加したコロナイヤーの年末年始にはうってつけかもしれません。

DIY:
外出自粛によりおうち時間が増えたことで多くの人が住宅を見直すきっかけになったのではないでしょうか。「リフォーム」や「DIY」でおうち時間をより充実させようとする声も。

初詣:
人混みを避ける傾向にあるものの、やはり一年の始まりに初詣を欠かせないという人もいるようです。

公園:
「子どもを連れて公園」「近くの公園でトレーニング」など、公園は適度に身体を動かすことができ、ひらけた空間のため、気軽に利用できるストレス解消スポットとなりそうです。

キャンプ:
「冬キャンプ」「自宅で、室内キャンプをします。キャンプは、テントを室内ではり、屋外キャンプにできるだけ近いものをおこないたいと思います。」など、キャンプも「密」の心配がなく、長きにわたる自粛ムードのストレスをリフレッシュできそうです。

旅行:
少数ではあるものの「旅行」に行くという声も。名古屋、山陰地方、京都などが挙がりました。

■総括
2020年は、新型コロナウィルス感染症が世界中で蔓延し、県境を跨ぐ移動や不要不急の外出、大人数での集会や会食の自粛が呼びかけられるなど、これまでの生活が一変しました。
経済活動再開のための取り組みがなされたかと思えば感染が再拡大し、また自粛が求められたりと、拡大縮小を繰り返す中、旅行や帰省などの移動に対してネガティブなイメージを持ち、多くの方が住宅や過ごし方について見直すきっかけになったのではないでしょうか。
不動産仲介からリノベーション設計・施工をワンストップで手掛けるゼロリノベでは、お客様のおうち時間をより良いものとするため、今後も「大人を自由にする」リノベーション事業を展開してまいります。

【アンケート概要】
調査の方法:webアンケート方式
調査の対象:都外に実家がある30〜40代の都内在住者1,500人
調査実施日:2020年12月9日
調査主体:株式会社groove agent(ゼロリノベ )/コーポレートサイトURL:https://www.zerorenovation.com
※調査結果を掲載いただく際は、出典「ゼロリノベ調べ」(URL=https://www.zerorenovation.com/)と明記をお願いいたします。

おすすめ

〜毎週末開催〜小さいリスクで家を買う方法【無料オンラインセミナー】(お急ぎの方は動画受講)

セールスのない無料セミナー「小さいリスクで家を買う方法」です。お宝物件の探し方、建物が安心かどうかのチェック方法、具体的なリノベーション費用、あんしん住宅予算の出し方…etc、なかなかネット上では話しにくい内容をお伝えします。

記事検索

小さいリスクで家を買う方法

無料オンラインセミナー開催!