skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

リノベによるユニバーサルデザインとバリアフリー


武蔵浦和のリノベーション事例

よく耳にする、ユニバーサルデザイン。でも、それが何なのか説明しようとすると、なかなかできません。バリアフリーとの違いなど、気になるポイントをまとめてみました。

 

 

ユニバーサルデザインとバリアフリーの違い

ユニバーサルデザインは、1985年にロナルド・メイスが公式に提唱した概念。国籍、性別、年齢、障がいなどをこえて、全ての人ができるだけ使いやすい施設、製品、情報を設計することです。一方、バリアフリーは障がい者やお年寄りに配慮して、快適に暮らせるように後からバリアをなくすことです。
例えば、玄関に大きな段差があり使いにくいので、なだらかなスロープを作るのがバリアフリー。家を建てる段階で、そのように設計するのがユニバーサルデザインです。できあがったものだけ見れば同じ形をしているので、区別しにくいのかもしれませんね。また、どちらも今の日本に必要な概念であることに変わりはありません。

草加のリノベーション事例フラットなデザインで、年齢を重ねてからも暮らしやすい。

 

ユニバーサルデザインを取り入れたリノベーション

リノベーションは1度全てをゼロに戻して設計しなおすので、ユニバーサルデザインということになります。
人によって何が快適かは異なるから、まずは話し合い。住む人のライフステージや希望に沿った設計を模索して、暮らしやすい家にたどり着きます。そんな風にして生まれたデザインをいくつかご紹介します。

相模原のリノベーション事例広々とした土間のような玄関。ベビーカーを押しながら入れたり、両手いっぱいの買い物袋を置けたり、良いことがいっぱい!

 

草加のリノベーション事例02

入り口を広く取り、床をフラットにしたトイレ。もちろん手すりも完備。足を怪我した人や、車いすを使う人でも入りやすく出やすい。

柏のリノベーション事例引き戸を布地の吊り戸にすることで、段差がなくスムーズな空間作り。素材が柔らかいため、大きな扉でも圧迫感がない。

目黒のリノベーション事例間取りのない、ゼロ空間。床面積以上の広さを感じる。廊下という概念がないので、体の大きな人、足の不自由な人、いろいろな人が移動しやすい。

 

ユニバーサルデザインの根本にあるもの

相手を理解しようという気持ちが、ユニバーサルデザインを成立させます。どうしたらみんなが快適に過ごせるのか分からなければ、作ることはできません。だからこそ、ゼロリノベではたくさん話し合いをして、時には無駄なおしゃべりもして、住む人を理解することから始めています。ぜひ一度、お話をしに来てくださいね。

中古マンション見極めリストのご案内

■修繕積立金は十分に集められているか?■議事録を閲覧できるか?■赤サビは大丈夫か?■住宅ローン減税が使える物件か?■掲示板が綺麗でも注意事項が多すぎないか?■売却理由がトラブルではなかったか? …そのほか全部で48チェック項目!

メンバーズ登録(無料)で「中古マンション見極めリスト」のほか、IeROHA を運営しているゼロリノベ提供の様々なコンテンツをすべて閲覧できます。ぜひ活用してください。(無料登録フォームは下記ボタンの遷移先にあります)


Back To Top