skip to Main Content

リノベ実例 2019.12.06 更新2019.12.06 公開

広々とした土間玄関を眺めてなごむ、大人の空間

リノベ後の広々玄関
LINEで送る
Pocket

Bさん夫婦は2018年、国立市の現在の住まいを購入してフルリノベーションを行った。物件は、1995年建設の築23年の中古マンション。2人暮らしには、比較的ゆったりした広さのある住まいだ。

当初、家を購入することにあまり積極的でなかったご主人は「賃貸マンションでもいいかなと。あまり持ち家について考えていませんでした」と語る。

しかし、真剣に住まいを購入しようと考え始めたきっかけは、ご主人の年齢だった。「自分の年齢では、そろそろローンが組めないかもしれないと心配になりました」。
そんな頃、リノベーションを専門に行う会社に頼んで、中古マンションをフルリノベした知人から話を聞き、それもいいかもしれないと興味がわいた。これが、いい機会になったそうだ。

住まいを探すにあたっては、まず防犯上一戸建ではなくマンション。2階以上の住戸が希望だったとのこと。
「家を買おうか、マンション買おうかと考え出す前から、リノベーションで内装をすべて変えた人の話は聞いていました。少し潔癖性なので、中古マンションでは前に人が住んでいたのがなんとなく気になる。でも、フルリノベーションをすれば全部が変わる、新しい住まいになるので、それならいいと思いました。すべて変えてしまえば新築と変わらないですから」。

そうして、気になる中古マンション探しがスタートしたが、やはり気になったのはお金のこと。そこでリノベーション専門会社のファイナンシャルプランナーと相談。いろいろとアドバイスをもらって、なんとか安心できたという。

理想の住まい探しは徹底的に。おかげでぴったりの住まいと出合った

 

リノベ後のリビング

ゆとりのあるリビング。シンプルで落ち着いた無垢材とコンクリートの組み合わせ。

物件探しは、リノベーション前の最も重要なステップ。どこのエリアにするか、駅から歩いてどのくらいの場所がいいのかというような条件を挙げ、その中から優先順位を決めて、徐々に絞り込むというプロセスが必要になる。

Bさん夫婦は、ご主人が以前、国立に住んだことがあったのが、物件探しの第一歩になった。
「東京に初めて住み始めた時にこのエリアだったので、馴染みがあった。街の雰囲気も落ち着いているし。それで国立か国分寺にしようと思い、探し始めました」とご主人。

やっと国立で今の住まいと似ている気に入った物件を見つけたが、そこが売れてしまい、その後はあまり気に入るところがなかったそう。そのうち、もうここでいいかと思って手続きを依頼した頃に、現在の住まいとの奇跡的な出会いがあったそうだ。

何よりも希望したのは、広い土間のある玄関スペース

リノベ後のベッドルーム

ベッドルームから見える、お気に入りの玄関スペース。

購入マンション決定後は、プランの作成。リノベーションの具体案に関しては、設計士からいくつも提案を受けて進めたそうだが、唯一どうしても欲しかったのが、広い玄関のスペース。ゆったりした土間のある玄関がどうしても希望だったという。

この思いが叶い、自転車も楽に置ける広々とした土間玄関、そして、光と風が抜ける、回遊性のあるレイアウトの住まいが完成した。
中でも玄関は、念願通り広い土間があり、そこには自転車だけでなく書棚やコートなどをかけておくスペースも設けられている。玄関というより、ひとつの部屋のような空間で、くつろげるように椅子まで置かれたリラックス・スペースになっている。

「玄関の縁に立って土間を眺めているのが好きですね。どこを見るというのではなく、全体的に玄関を眺めています」とご主人。
奥様も「私は土間の植木でなごんでいます。植物の手入れしつつ、おしゃべりしたりして。ペットを飼えないので、植木をペットの代わりと思い、どんどん増やそうと思います」

引き算をして残ったものだけでよかった

リノベ後のキッチン

料理しやすいよう、キッチンシンクとコンロを二の字に並べたレイアウト。

 

リノベ後の水回りスペース

ホワイトの壁と無垢材で清潔感のある水回り。使いやすいシンプルなデザイン。

当初はインターネットで見つけたインテリア画像や内装の写真を集めてプランを考えました。「こういうのがいい」と思いつくレベルで設計士とも話したが、結局はほとんど不要に。その言葉の通り、全体的な内装はコンクリートと無垢材を組み合わせた、シンプルな大人の空間。またキッチンは料理がしやすい二の字の造作にした。

「当初考えていたプランより、かなり削りました。それでも、頭に描いていたものをいくつも捨てた残りの分だけで全然、問題なかった。あれこれと思いつくままに採用しなかったけれど、満足しています」と、ご主人は話す。

このように最終的に満足度が高くなったのは、必要なものとそうでないものをきちんと優先順位をつけて選んだから。
「自分たちが本当に必要なものの見極めができるといい。それから、打ち合わせが始まったら自分たちでジャッジができるよう、プランを決めるプロセスの中でも夫婦で話し合う時間を設けるといいと思う。そうすれば、打ち合わせがスムーズになるでしょう」

自分たちの希望を明確にして、本当に必要なものだけを住まいに反映させる。それが、結果的に後悔しないリノベーションになるという通り、Bさんのお住まいはご夫婦の希望をしっかり反映した、お二人にとって理想的な住まいになっているようだ。

LINEで送る
Pocket

記事検索

同じカテゴリの他の記事

SEMINAR

小さいリスクで家を買う方法

平日/週末開催

セールスのない無料セミナー

セミナーのイメージ写真

OPEN HOUSE

ゼロリノベ物件見学会

月1回開催 @次回12月

セールスのないオープンハウス

オープンハウスのイメージ写真

F A Q

よくある質問

物件購入〜リノベ完成まで

モヤモヤをスッキリと

チェックリストのイメージ写真
Back To Top