skip to Main Content

BLOG

リノベーションにまつわるお役立ちコラムをご紹介

元銀行員が解説!住宅ローン審査の勤続年数の影響と3つの対策

お金を把握

元銀行員が解説!住宅ローン審査の勤続年数の影響と3つの対策

正社員の場合、一部のメガバンクやネット銀行で勤続3ヶ月以上で住宅ローン審査が可能です。ただし、勤続年数が短い場合は転職先が同業界であるかどうか、転職先の会社の財務内容が良好であるかどうかも重視される傾向があります。現状を把握し、自分の属性に有利な金融機関を見定めることも大切です。
住宅ローン審査に影響するクレジットカード利用状況と6つの対策

お金を把握

住宅ローン審査に影響するクレジットカード利用状況と6つの対策

住宅ローン審査にクレジットカードの利用状況は大きく影響します。なぜなら、住宅ローンの審査基準で最も重視される項目のひとつが「個人信用情報」だからです。61日以上の支払い延滞がある場合は、延滞解消日から5年間は住宅ローンを組むことができません。ただし61日未満の延滞、リボ払いの残高がある場合はすぐにできる対策があります。
住宅ローンの審査基準「通らない理由と落ちた場合の5つの対策」

お金を把握

住宅ローンの審査基準「通らない理由と落ちた場合の5つの対策」

住宅ローン審査に落ちる原因として多いのは、雇用形態・勤続年数・個人信用情報です。中でも個人信用情報は、クレジットカードだけでなく、スマートフォン分割払いの支払い状況も見られます。審査基準を満たせない可能性がある場合は、事前に対策を行なってから住宅ローン審査に申し込むようにしましょう。

記事検索

ONLINE

セミナー
小さいリスクで家を買う方法

オンライン参加可能 (週末/平日開催)

セールスのない無料セミナー

セミナーのイメージ写真

PICK UP

よく読まれています

SERVICE

サービス

中古戸建て・中古マンション

持ち家も、物件探しからも

サービスのイメージ写真

物件探しからはじめたい

自宅をリノベーションしたい

Back To Top